浮気調査に関する解決事例

不仲と浮気は別問題。今後に備えて、有利に離婚を進めるために調査をした結果!

神奈川県 50代女性 専業主婦

結婚してからというもの主人は仕事ばかりで育児に協力をしてくれないことから 夫婦関係が徐々に不仲になってしまいました。高校生の子供がいますが、子供が就職をしたら主人との離婚を考えようと思っていました。

そんな最中、主人が頻繁に出張に行くようになりました。最初は主人が家に居なくなって気持ちが楽になりせいせいしていましたが、ある時の出張で主人に持たせた替えのワイシャツが使った様子がなく綺麗に残っていたため不審に思い浮気を疑うようになりました。
浮気の証拠を取って私の思い通りに離婚を進めるために調査をしてもおうと思いました。

調査結果

ご主人の出張の日を事前に確認して自宅を出るところから調査開始。
尾行すると出張に向かうどころかそのまま勤務先に出勤。数時間経っても会社から出てこないため、ご主人の顧客を装い会社に電話をかけて在籍確認。

途中経過を奥様に報告のうえ、調査を継続。退勤時間が過ぎると会社から出てくるご主人を発見。

そのまま追跡を開始すると自宅ではないアパートに帰宅。
数十分してアパートの同じ部屋から若い女性とご主人が一緒に外出し、最寄りのコンビニ店で買い物を終え再び帰宅。

その日はそのまま部屋からは出て来ず、次の朝を迎えご主人一人が出てくるところを確認して奥様に途中報告。
2週間後の出張の際にも調査を敢行し、同じ部屋への出入りと同じ女性を確認して、計2回の浮気現場を撮影。
詳細内容をまとめ調査書を奥様に提出し調査完了。
1年後に控えたお子様の高校卒業を待って、奥様はご主人に離婚を切り出す予定とのこと。