浮気調査に関する解決事例

何気ない子供との会話から妻の浮気が発覚!?親権獲得に向けて、調査を依頼しました。

茨城県 40代男性 会社員

結婚9年目で5歳の子供がいます。
普段から仕事が忙しく育児に積極的に協力は出来てなかったものの、休みの日は子供と遊び、面倒をみて、仕事も必死になって、家計を支えて来ました。

私が休みの日に妻が外出をしたいというので子供の面倒を見ていると、「この前、ママと遊園地に行ってきたよ!」と屈託のない笑顔で息子が話しをしました。

最初は妻と息子が二人で遊園地に行ってきたと思っていたのですが話をよく聞いてみると、もうひとりのお兄さんも一緒だったと…。
妻には兄弟もいないものでおかしいと思い、その夜に帰ってきた妻に問い詰めると、息子と二人で遊園地に行ったがお兄さんと一緒だったとは一切認めず、遊園地の係員のことを息子は言っているという説明でした。

そして次の日に妻は「実家に帰る」という手紙を残し、息子を連れて荷物をまとめて出ていきました。
直接の連絡が取れず義理の両親に連絡をしてみるものの実家には帰っていない様子で、どうしたら良いものか困り、また考えたくはないのですがもし浮気しているようであれば今後のことも考えないといけないと思い調査を依頼しました。

調査結果

まずは奥様の所在を把握するために、奥様の職場である保険会社を調査。
電話で調査をすると奥様はしばらく休みをとっていたようだが、しばらくすると奥様は再び職場には出勤をしていて、退勤したところを見計らい追跡調査を開始。
奥様が運転をする車を尾行すると、大型スーパーに入り、食材を購入。
さらに尾行を続けると市街地にある一軒家の前で車が止まる。
既に電気が付いていた家に入り、その日はそのまま人の出入りはなく就寝した様子を確認。

調査を翌朝まで続行すると早朝6時にその家から男性が現れ、出勤をする様子を確認。
その後、9時頃に奥様が子供を連れて家を出るところも確認したためこの家で男性とともに同棲をしている模様。

その結果を依頼主のご主人に報告をすると落胆した様子でうなだれてしまわれました。
その後、弁護士にも相談をされて、離婚と親権獲得に向けて調停を行う準備をされているとのこと。