浮気調査に関する解決事例

日中の妻の浮気を証明し、浮気相手にも慰謝料を請求し有利な条件で離婚が成立しました。

埼玉県 20代男性 会社員

夫最近妻の態度がよそよそしく、夫婦生活も拒否されるようになったため浮気ではないかと思っています。妻のスマホのデータを調べたところ、去年から特定の人物と頻繁に連絡を取っているようです。
妻は専業主婦であるため、車で行動することがほとんどです。
浮気が事実なら、子供もいないためこれ以上結婚生活を続ける必要は無いと思っており、慰謝料を請求して離婚したいと思い相談しました。

調査結果

家事がひと段落する11時から自宅を張り込み。12時頃、車で近くのショッピングモールへ向かい、駐車場で別の車に乗り換えるのを確認。その車にはスーツ姿の男性が乗車しており、そのままラブホテルへの出入りを確認・撮影。16時頃、再びショッピングモールへ戻り、奥様だけ降車、買い物後、自分の車に乗り換えて帰宅。
その後、浮気相手の男性の勤務先を特定することにも成功。

調査結果を依頼主であるご主人に報告。予想通りではあったものの、慣れた奥様の様子に憤りを隠せないご主人。
証拠を持ってご主人が奥様を問い詰めたところ、浮気を認めるどころが「あなたが原因だ」と感情的に。
これ以上の話し合いは無駄だと思ったご主人は、妻と浮気相手の男性に慰謝料を請求して離婚することになった。