浮気調査に関する解決事例

複数の浮気相手がいることが判明!月10万円の養育費を公正証書に含むことに成功し離婚へ。

東京都 30代女性 専業主婦

現在、夫からの申し出により離婚調停中です。5年ほど前から、私は実家で実母の介護をしていて、週末のみ自宅へ帰っている状態です。夫への愛情は既にありませんが、子供が成人するまでは離婚せずにこのままの生活を続けたいと思っています。

友人に相談したところ、夫の浮気の可能性を指摘され調べてみたいと思いました。結婚前から仲の良い女友達や、職場でも良く飲みに行く女性がいるようですが、浮気の事実は把握していません。
夫からの一方的な離婚を阻止すべくこちらへの相談を決意しました。

調査結果

会社役員であるご主人の勤務後の行動パターンを調査。職務上、接待や会合なども多く、3週間に渡って調査を継続。その中で、2人の女性と親密であることが判明。1人の女性とは、都内高級ホテルで食事後、そのままチェックイン、翌朝2人で出るところを確認・撮影。もう1人の女性とは、スーパーで一緒に買い物し女性宅へ帰宅、数時間を過ごした後に女性宅から出るところを確認・撮影。

調査結果を奥様にご報告すると、複数の浮気相手がいることに驚かれ、離婚することを決意。
離婚に向けて、離婚問題に強い弁護士をご紹介。その後、慰謝料を請求し、また子供が成人するまでの養育費として月10万円の支払いを公正証書に含むことで離婚が成立。