行方調査に関する解決事例

別居した夫の行方を突き止めて、浮気相手と合わせて500万円以上の慰謝料請求に成功しました!

大阪府 50代女性 会社員

夫の浮気が原因で別居して約3年。この3年の間に夫は自分の住民票を勝手に移し、今はどこに住んでいるのか不明です。
久しぶりに連絡が来て、離婚したいと言われました。離婚には同意するものの、慰謝料の請求を考えるのと、夫の所在をはっきりさせ離婚原因となった浮気相手への慰謝料も請求すべく、女性の所在も明らかにしたいと思い相談しました。

調査結果

ご主人さまの勤務先は分かっていたため、会社から出るところから尾行する計画へ。
勤務先はJR線と直結する複数の出入り口があり、どの出入り口を利用するか特定するところからスタート。

定時で帰る時に利用している出入り口が判明しそのまま尾行、自宅を特定することに成功。ご主人の自宅には週に3回程度、同じ女性が訪れていることから、浮気相手と判断。女性が帰宅する際に尾行し、女性宅の住所・勤務先も突き止めることに成功。

ご主人さまと浮気女性の所在が明らかになったことで、2人あわせて500万円を超える慰謝料を請求し、無事に離婚することに成功した。