行方調査に関する解決事例

20年前に家を出た弟を探して。根気良く探してもらって、再会することができました!

千葉県 50代男性 自営業

20年以上前に俳優になると言って家を飛び出した弟を探している。弟とはそれ以来、音信不通。 最近になって母親が病気になり、弟の行方をずっと心配しているため、探し出して会わせてやりたい。
弟は下北沢の劇団に行くと言っていたが、それ以上の情報はなく、どこに住んでいるのかも分からない。
時間が経ち過ぎていると思うが、なんとか探し出してもらえないかと思い相談した。

調査結果

弟さんが当時行ったと思われる下北沢の劇団を調査するところから開始したが、現存する劇団には所属していなかった。20年という時間が経過しているため、当時のことを知っている人も少なく、調査は困難を極めた。
劇団員が集まるという居酒屋での聞き込み調査の結果、当時を知る人物と接触することに成功。弟さんは10年ほど前に劇団を辞め、赤羽へ行ったとの情報を得た。その後の調査で、現在は赤羽の飲食店で働いていることが判明。本人を確認した。

調査結果を依頼主であるお兄様にご報告。突然お兄様が訪ねて行くと、弟さんが驚いて逃走する恐れがあるため、当社調査員が先に接触し、お二人の再会の場を設けることを提案。

その後、無事に再会されたお二人。俳優になると言って家を飛び出したものの、夢叶わず、日々の暮らしに精一杯の状況では恥ずかしくて連絡もできなかったとのこと。
弟さんは病床のお母様とも再会され、ご家族の元で再スタートされた。